顔の浮腫みは、体の危険信号?

筋トレして、ジョギングもしてるし、いろんなもの食べている食いしん坊なのに痩せないという方が、いらっしゃいます。
こうした方は、往々にして顔も浮腫んでいて、顔が浮腫んでいるという事は、全体的にすっきりしない印象を他人に与えてしまいます。

 

ジムで自称ダイエット担当という社員の女性がいらっしゃるのですが、彼女は体だけみると、程よく鍛えているという印象なのですが、顔はパンパンに浮腫んでいて、その為に、ダイエット担当といっても信じてもらえませんでした。

 

また別の例では、熱心に筋トレして腹筋も割れているのに、いつも顔がパンパン、指も丸い男性が居ます。合コンで彼は、生白くてムチムチしてお喋りで気持ち悪い!と一蹴されてしまい、振られてばかりです。

 

こうした方々のお助けになるのが、水さばきです。人の第一印象は、なんと言っても顔です。

 

悪気がなくても、パンパンに浮腫んでいると、周りの人たちは、飲みすぎたのかしらと穿った見方をしてしまいます。顔の浮腫みを取り除くだけでも、輪郭が変わり、シュっとシャープになりますので、目力もいい意味で出てきます。

 

水さばきは、体の中の余分な水分を排出するだけでなく、体液バランスを保つ働きと免疫力を保つ働きがあります。これにより、浮腫みを取り除いた後の、体力作りにも役立つのです。

 

顔の浮腫みが取れた後は、丸々とした印象だった指や腕のラインが飲み続ける事により変わってきたという方もいらっしゃいます。

 

顔の浮腫みは、体全体が出すむくみの危険信号だと覚えておいた方がいいかもしれません。もうこれ以上水分を体に溜めて置けないのに、排出できない状態にあるという浮腫みのサインが、顔の浮腫みだという事です。